FC2ブログ

プチ晴れ女経済活動

Entries

学資保険

子供が生まれて1年位経ったころ、自分も無事復職したので、
ソニーの学資保険に入りました。

前の会社時代の先輩が10年ほど前にソニーへ転職して
生命保険(終身と医療)でお世話になっていたのもありますし、
何しろ学資保険の評判が良かったのが理由です。

月1万程度と思い、半年払いにして、12歳、15歳で42万、
18歳満期に140万、計224万になるような契約をしたようです。
自分としては18歳満期でドンともらう契約にしたつもりだった
のですが、なんか、当時そういう風に決めたんですね
覚えてない
実際に支払をするのは私なのですが、契約者を夫にするか
自分にするか試算してもらいました。
夫と自分の年の差が11歳あるので、私を契約者にしたほうが
安かったのですが、万が一のことを考えて夫にしました。
(夫よごめん!)

かれこれ5年経ちますが、毎年送られてくる運用報告では
当初の予定通り2%の利回りで運用されているようです。

この保険と子供/児童手当(現状のままなら15歳まで支給される)
の合計は444万+α(お年玉とか)の予定です。

国立大学の現在の学費は53万程度で入学金は28万程度らしく、
私が入学した23年前より学費は約18万、入学金は8万あがっています。
(国立は入学した年度の学費が4年間維持されます、変わっていなければ^^;)

国立大学なら問題なさそうですが、私立だと学部によっては
足りなそう・・・。

もちろん大学までには住宅ローンを終わらせるつもりでは
いるのですが、現状少し???遅れ気味です。




年収に対する学費の割合が気になったので、少し調べてみました。

私が大学入学したH2年のサラリーマン平均年収は425万。国立大学学費は35万弱。
弟が数浪wの末H9年に国立大学に入学したときの平均年収は467万、国立学費は40万強。
そしてH23年の平均年収は409万で学費は51万程度(大学によるとは思いますが)。

年収に対するパーセンテージは、8.2%、8.9%、12.4%です。
こう見ると余り変化していないようにも思えますが、
実際H2年からH23年の学費は1.5倍に対し、年収は1.5倍にはなってない
ですもんね~(それどころか減ってます・・・)。

昔に比べ、教育費の割合は間違いなく上昇している、ということでしょうか。。。

・・・頑張らねば。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

プチ晴れ女

Author:プチ晴れ女
備忘録です^^;

無事、夫の車は壊れずに丸4年で2019/04に買替完了~♪
次の予定は2023年春まで乗ってもらいたい~!
(完全に備忘w)

最新記事

買い物のときに使ってます

ここから登録すると250ポイントもらえます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



右サイドメニュー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター